Bibliographie introductive à l’étude des yōkai

mercredi 15 août 2018
par  SFEJ
popularité : 9%

Bibliographie introductive à l’étude des yōkai

(les références essentielles sont signalées par le signe *)

BORENSZTAJN Jaron (éd.), Ghosts and spirits from the Tikotin Museum of Japanese Art  : Felix Tikotin  : a life devoted to Japanese art, Leiden Publications, 2012.
BRIOT Alain, Monstres et prodiges dans le Japon d’Edo : présentation, traduction et commentaires de l’Album Tayasu 84, Paris, Collège de France, Institut des hautes études japonaises, 2013
*FOSTER Michæl Dylan, The Book of Yokai : Mysterious Creatures of Japanese Folklore, Oakland, University of California Press, 2015
*FOSTER Michael Dylan, Pandemonium and parade Japanese demonology and the culture of yōkai, Berkeley, University of California Press, 2009.
*FRANK Bernard, Démons et jardins : aspects de la civilisation du Japon ancien, Paris, Collège de France, Institut des Hautes Études Japonaises, coll. " Bibliothèque de l’Institut des hautes études japonaises, 2011.
HANSEN Wilburn, When Tengu Talk : Hirata Atsutane’s Ethnography of the Other World, Honolulu, Univ of Hawaii Press, 2008
KNUTSEN Roald, Tengu : The Shamanic and Esoteric Origins of the Japanese Martial Arts, Folkestone, Global Oriental, 2011
*MAISON DE LA CULTURE DU JAPON (éd.), Yôkai : Bestiaire du fantastique japonais, Paris, Maison de la culture du Japon, 2005
LACHAUD François, La jeune fille et la mort. Misogynie ascétique et représentations macabres du corps féminin dans le bouddhisme japonais, Paris, Collège de France - Institut des Hautes Etudes Japonaises, 2006,
PAPP Zilia, Traditional Monster Imagery in Manga, Anime and Japanese Cinema, Folkestone, Global Oriental, 2010
REIDER Noriko T., Japanese demon lore : oni, from ancient times to the present, Logan, Utah State University Press, 2010.

Ouvrages en japonais

阿部主計『妖怪学入門 新装版』雄山閣、2004
阿部正路『日本の妖怪たち』、東京書籍、1981
池田彌三郎『日本の幽霊』、中央公論社、中公文庫BIBLIO、2004
石川純一郎『河童の世界』、時事通信社、1974
石田英一朗『河童駒引考』、岩波書店、岩波文庫、1994
*一柳廣孝・吉田司雄編『妖怪は繁殖する』青弓社、ナイトメア叢書、2006
一柳廣孝編著『「学校の怪談はささやく」青弓社、2005
一柳廣孝編著『オカルトの帝国』青弓社、2006
*伊藤慎吾編『妖怪・憑依・擬人化の文化史』、笠間書院、2016
伊藤龍平『ツチノコの民俗学』、青弓社、2008
伊藤龍平『江戸幻想博物館』、青弓社、2010
*井上円了著、東洋大学井上円了記念学術センター編『妖怪学全集』全6巻、柏書房、1999−2001
*江馬務『日本妖怪変化史』、中央公論新社、中公文庫BIBLIO、2004
大森亮尚『日本の怨霊』、平凡社、2007
*香川雅信『江戸の妖怪革命』、河出書房新社、2005
かバット、アダム校注・編『江戸化物草紙』、小学館、1999
かバット、アダム『江戸滑稽化物尽くし』講談社、講談社選書メチエ、2003
京極夏彦『妖怪の理 妖怪の檻』、角川書店、2007
京極夏彦『妖怪大講義』、角川書店、2005
国立歴史民俗博物館編『異界談義』、光文社、知恵の森文庫、2008
*小松和彦『異界と日本人』、角川書店、角川選書、2003
*小松和彦『異人論』筑摩書房、ちくま学芸文庫、1995
*小松和彦編『怪異の民俗学』全8巻、河出書房新社、2000〜2001
小松和彦『酒呑童子の首』、せりか書房、1997
小松和彦『図説 日本の妖怪』、 ナツメ社、2009
*小松和彦『日本妖怪異聞録』、講談社、講談社学術文庫
小松和彦監修『日本海妖怪大辞典』、東京堂出版、2013
小松和彦『百鬼夜行絵巻の謎』、集英社、集英社新書、2008
*小松和彦『妖怪学新考』、洋泉社、洋泉社新書、2007
*小松和彦編著『妖怪学の基礎知識』、角川書店、角川選書、2011
*小松和彦『妖怪文化入門』、せりか書房、2006
小松和彦『憑霊信仰論』、講談社、講談社学術文庫、1994
小松和彦編『日本妖怪学大全』、小学館、2003
小松和彦編著『妖怪文化研究の最前線』せりか書房、妖怪文化叢書、2009
小松和彦編著『妖怪文化の伝統と創造-絵巻・草紙からマンガ・ラノベまで』せりか書房、妖怪文化叢書、2010
野田輔『日本怪談集妖怪篇』中央公論新社中公文庫BIBLIO、2004
佐々木高弘『怪異の風景学−−妖怪文化の民俗地理』古今書院、2009
*高田衛『江戸幻想文学誌』平凡社選書 1987、新編・ちくま学芸文庫 2000
高田衛『江戸の悪霊祓い師』筑摩書房 1991、新編・ちくま学芸文庫 1994
高田衛『女と蛇 表徴の江戸文学誌』筑摩書房 1999
田中貴子『百鬼夜行の見える都市』、筑摩書房、ちくま学芸文庫、2002)
*谷川健一『魔の系譜』、 講談社、1984
知切光歳 『天狗の研究』原書房、2004
*堤邦彦『江戸の怪異譚―地下水脈の系譜』、ぺりかん社、2004
堤邦彦『女人蛇体―偏愛の江戸怪談史』、角川学芸出版、2006
*常光徹『学校の怪談』、角川学芸出版、角川ソフィア文庫、2002
中村禎里『河童の日本史』、日本エディタースクール出版部、1996
中村禎里『狐の日本史古代・中世篇』、日本エディタースクール出版部、2002
中村禎里『狸とその世界』朝日新聞社、朝日選者、1990
*馬場あき子『鬼の研究』筑摩書房、1988
東アジア慌異学会編『怪異学の可能性』、角川書店、2009
*東アジア値異学会編『怪異学の技法』、臨川書店、2003
宮田登『都市空間の怪異』、角川書店、角川選書、2001
*宮田登『妖怪の民俗学』、筑摩書房、ちくま学芸文庫、2002
*柳田国男『新訂 妖怪談義』 新訂版、 角川学芸出版、2013
柳田国男『一目小僧その他』、新版、角川学芸出版、2013
*柳田国男『遠野物語―付・遠野物語拾遺』、新版、角川学芸出版、2004
山田雄司『跋扈する怨霊 崇りと鎮魂の日本史』、吉川弘文館、2007
*湯本豪一『明治妖怪新聞』、柏書一房、1999
湯本蒙一『江戸の妖怪絵巻』、光文社、2003
湯本豪一『日本幻獣図説』、河出書一陽新社、2005
横山泰子「江戸東京の怪談文化の成立と変遷」風間音一房、1997
*横山泰子『妖怪手品の時代』、青弓社、2012

Numéros spéciaux de revues

*『ユリーカ 詩と批評』特集 妖怪学入門、1984−08
小松和彦監修『妖怪絵巻』(別冊太陽)、平凡社、2010
谷川健一監修『日本の妖怪』(別冊太陽)、平凡社、1987
安村敏信監修『妖怪図譜 : 江戸の化物大集合』(別冊太陽)、 平凡社、2014

Catalogues d’exposition

(NB il existe de très nombreux catalogues d’expositions consacrés aux yôkai etc. Les références suivantes contiennent des contributions scientifiques)

国立科学博物館編『化物の文化誌-化物に注がれた科学の目』、国立科学博物館、2006
*国立歴史民俗博物館編『異界万華鏡』、国立歴史民俗博物館、2001
人間文化研究機構監修『百鬼夜行の世界』角川学芸出版、2009